口腔がんについて

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科医師の鹿島です。
高齢化の進行に伴って、昨今、口腔の悪性腫瘍(口腔がん)によって亡くなる方が急増し、年間5000人にも上っています。近年話題になっている子宮頸がんによる年間死亡者数が3500人なので、その多さがお分かりいただけると思います。
口腔がんは生命の危機に関わるとともに、手術により顔貌の変化や咀嚼・嚥下・発音などの重要な機能に障害を及ぼすことが多いため、より早期に発見・治療されなければなりません。

口腔がんで最も多いものは「舌がん」で、次いで「歯肉がん」です。他にも下顎の歯肉と舌の間にできる「口腔底がん」や、頬粘膜にできる「頬粘膜がん」があります。

口腔がんの治療法は、通常のがんと同じ
⑴手術療法⑵放射線療法⑶化学療法
があります。
多くの場合、外科的な手術が選択され、進行にたがんに対し手術療法や放射線療法と併用して化学療法が用いられることが多いようです。
また、最近では放射線療法の一種として陽子線(粒子線)療法といって、がん細胞をピンポイントで消滅させてしまう新たな治療法が注目を集めています。
現在の日本では2人に1人ががんを患い、3人に1人ががんで死亡しています。口腔がんを早期に発見するためには、信頼できるかかりつけ医を持つことが大切で、虫歯や歯周病だけでなくお口の病気全般について定期検診を受けることが重要です!

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.