骨粗鬆症と歯科治療

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、荻原デンタルクリニックの歯科医師の鹿島です。

骨粗鬆症という病名は、多くの方が一度は耳にしたことがあると思います。この病気は骨からカルシウムが抜けて骨がスカスカになってしまい、そのために特に大きな負荷がかかっていないにも拘わらず骨折しやすくなるという症状を呈します。
高齢化に伴って、我が国でも患者数が急増し、厚生労働省によると推定で1100万人(そのうちの8割が女性)にも達すると言われています。
ホルモン分泌バランスが変化する更年期以降の女性に多く、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が骨粗鬆症の可能性があると考えられています。
現在、骨粗鬆症の治療にはビスホスホネート系薬剤(BP系薬剤)が第一選択として用いられています。骨粗鬆症の他、この薬剤は悪性腫瘍に際して種々のケースで応用される臨床的有用性の高いものです。
しかし、その副作用として顎骨壊死の発症が大きな問題となっています。
顎骨壊死とは、顎の骨の組織や細胞が局所的に死滅して骨が腐った状態になることです。
顎の骨が腐ると、口の中にもともと生息している細菌によって感染が起こり、顎の痛み、 腫れ、膿が出るなどの症状が出現します。
その多くは抜歯などの外科的歯科治療を契機として発症し、症状は進行性で、極めて難治性です。発生機序が明らかでなく、従って、有効な治療法も確立していません。
歯科治療を受診される際は、骨粗鬆症の治療を受けているか、服用しているお薬は何か(BP系製剤を服用しているか)を歯科医師にお話してください。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.