TCH理論

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科医師の高橋です。
今回は、顎関節症についてです。
普段、患者さんとお話ししていて、意外と知られていないのかもしれないと思うことがあります。
それは、「何もしていない時、人間の上下の歯は接触していない」ということです。
たとえ、唇が閉じていても歯は触れ合っていないのです。
通常、上下の歯の接触時間は1日20分以下で、会話や食物の咀嚼や嚥下をする時、瞬間的に触れるだけです。
ところが、無意識のうちに上下の歯が触れている人が存在することがわかってきました。
実は・・・私も仕事に集中している時など、グッっと歯をくいしばっていることがよくあります。
上下の歯を軽く接触させるだけでも、咀嚼筋は働き続け、その時間が長くなると筋肉は疲労し、血液の循環も悪くなって、ちょうど正座して足がしびれた時のように、顎関節の感覚が敏感になり痛みを感じやすくなります。
この、歯が接触し続ける癖を、TCH(Tooth Contacting Habit)と呼びます。

顎関節症を引き起こす要因としては、顎関節やその周りの筋肉の構造的な弱さ、精神的なストレス、睡眠時の歯ぎしり、食習慣、ケガなど多種多様な因子があげられます。

皆さんも、もしグッっとする癖があるかもしれないと思ったら、ぜひ離すように心掛けてみて下さい!



お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.