歯科医学の歴史

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニック歯科医師の鹿島です。
わが国への歯科医学の渡来経路は、
・中国を中継し漢字によるもの
・外国人、主にオランダ人、ポルトガル人によって南蛮医学あるいは蘭医学の一科として渡来したもの
・渡来した外国人歯科医師によって直接わが国に紹介されたもの
・外国に渡り日本人が歯科医術を習得し、帰国後わが国に紹介されたもの
の4つであるといわれています。
とくに、外国人ではシーボルトのように外科に長じたものは外科的歯科処置したといわれています。
これらの洋方医術が近代歯科医学の嚆矢でもあります。外国人歯科医師では、W.C. イーストレーキが1860年(万延元年)横浜に来たのを最初とします。
1870年(明治3年)、新政府は「医学取り調べご用掛」の諮問を受けて、ドイツ医学の導入を決定し、相手政府に指導者の派遣を要請しました。
これに応えて翌年、早速ドイツより2人の指導者が来日し指導にあたりました。
こうしてオランダ医学からドイツ医学へとの移行が始まっていったのです。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.