タバコと歯周病

皆さんこんにちは。ルミネ千住歯科クリニック、受付・助手の松村です。

一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯を失っているということをご存知ですか?また喫煙本数と比例して歯周病が重症化することもわかっています。
タバコの煙には、数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200、300とも言われています。
どうしてタバコが歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?
1. 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう。
2. 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が、タ
バコのニコチンにより収縮してしまう。
3. 歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きが抑制される。
4. 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。
また、喫煙を続けている状態で歯周病を治療しても、治りにくいこともわかっています。

つまり自覚症状が少なくても歯周病はどんどん進行し、歯ぐきと歯を支える骨の破壊が進んでしまうのです。
歯は一生使う大切なものだからこそ、この機会に喫煙の見直しを行い、歯周病についても考えてみて下さい。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.