高齢期の虫歯

皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック歯科医師の鹿島です。

むし歯といえば、子供のころに悩まされるものとお思いの方も多いでしょう。実際に子供のころは、歯も幼弱で酸に弱く、むし歯になりやすいために、多くの子供たちはむし歯を持っていました。しかし、最近では歯ブラシの習慣やフッ素の使用などが広がり、子供たちのむし歯はかなり減ってきているといってよいでしょう。

一方で最近増えているのは高齢者のむし歯です。8020運動という言葉を知っている方は多いでしょう。20本歯があれば噛むことに困らないというデータから、80歳になっても20本の自分の歯を保とうという健康目標です。20年前にこの目標が立てらえた時にはまだ5%ほどの達成率でした。しかし、最近の調査では、38%の方が達成しており、大きな進歩といえます。一方で、歯が残っている人がいるということはむし歯になる可能性のある人も増えるということで、しっかり歯を磨いているうちはいいのですが、手の動きがやや不自由になったり、口の感覚が低下したりすることで、一気にむし歯のリスクが高まってしまうのです。そこで、せっかく良い歯を保った状態で高齢期を迎えた人が、高齢期にむし歯を抱えるというわけです。

むし歯のリスクを下げるためにも、定期的なメインテナンスをおすすめします。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜14:00

/

/

14:30〜18:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規患者様受付は17:20まで
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.