三人称視点とは

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科衛生士の中里です。
今日は、先日院長から貸して頂いた「すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは三人称で考える」という本をご紹介したいと思います。
「人称」を用いて考えることで、物事のとらえかた、思考を変えることが出来、問題がスムーズに解決できたり、良い結果を出すことに繋がる、という内容です。人称とは?
一人称視点→職人的仕事に求められる視点 思考の範囲 自分
二人称視点→現場に求められる視点 思考の範囲 自分、相手(顧客)
三人称視点→現場のリーダー(主任~課長)に求められる視点 思考の範囲 自分 相手(顧客) その他の顧客 現場を取り巻く人たち
四人称視点→部門のリーダー(課長~部長)に求められる視点 思考の範囲 自分 相手(顧客)
その他の顧客 現場を取り巻く人たち マーケット全体 ライバル企業
という風に、各部門や役職によって、求められる人称が違うのです。
特に三人称視点というのは、現場とマネジメント層をわける境界線であり、自分が誰かにしている事を、行動の対象者だけでなく、周りがどう見ているのかということも含めて考え、思考できる状態をいいます。
私たちは、何か問題に直面したりしたときに、思考がその問題に集中してしまって、問題に対して目線が近くなりがちです。
目線が近くなると、人称思考が狭くなってしまうのです。
思考の範囲を広げるために、目線を高くする、引いて考えることが重要です。
また、問題の中に自分を入れない、引いて考えることで、「客観的視点に立った、もう一人の自分」として、問題と自分との間にしっかりと距離を取る事が出来るのです。
私自身は、この「客観的視点に立つ」ということがまだまだ苦手なので、三人称視点で物事を判断する癖をつけられるように、仕事をしていきたいと思いました。
難しいようですが、考え方やとらえ方一つで、将来が良い方向に変わるのであれば、試してみる価値はあるんじゃないかと思います。
皆さんはどうですか? 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.