詰め物を長持ちさせるには??

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科衛生士・西谷です。
今日は少し蒸し暑いですね。
9月いっぱい暑さが続くそうなので、体調管理に気をつけたいと思います。
さて、歯科医院で詰め物の治療を受けたことがある方も多いと思います。
セラミックや金属、小さい虫歯でしたらコンポレジット充填もあります。
その詰め物を長持ちさせるためにはどうしたら良いのかをお話ししたいと思います。
詰め物の耐久性を損なう原因は大きく分けて、虫歯と過剰な力の2つと言われています。
まず虫歯についてお話しします。
虫歯の菌は、歯と詰め物の間の本当に小さい隙間でも容易く侵入出来ます。
そのため、プラークコントロールが悪いと、すぐに隙間から虫歯になってしまうことがあります。
反対にプラークコントロールが良いと、虫歯になりにくく、詰め物も長持ちします。
歯の根元、歯と詰め物の境目は特に歯ブラシを細かく動かし、念入りに磨いて下さい。
歯と歯の間もデンタルフロスでお掃除することをおすすめします。
次に過剰な力についてです。
過剰な力とは、噛みしめの癖や歯ぎしりの癖のことです。
普段の噛みしめについては、意識してもらうとご自分でも気づくことが出来ます。
夜間の歯ぎしりについては、ご自分で気をつけることはなかなか難しいと思います。
詰め物が外れやすいという方は、歯ぎしりをしている可能性もありますので、是非ご相談下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.