歯肉炎

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科医師の高橋です。
私は先日、高校生の歯科健康診断に行ってきました。そこで、今回は小学生、中学生、高校生に多くみられる歯肉炎についてお話したいと思います。
学校歯科健康診断では、歯科医師が前歯部の歯肉の状態を観察して、0(異常なし)、1(要観察)、2(要精密検査)の3つに分類しています。
健康な歯肉は、薄いピンク色で、歯と歯の間(歯間乳頭部)の形は二等辺三角形であり、みかんの皮のようなブツブツした小さな凹みがみられます。
一方、歯磨きが不十分で歯垢(プラーク)がたまると、その中の細菌の影響で、最初に歯間乳頭部の歯肉に炎症が生じます。歯肉は赤く丸みを帯びた形になって腫れ、歯磨きをすると出血します。
この状態を歯肉炎と呼び、高校生の約4人に1人が歯肉炎あるいはその初期症状を示していました。
歯は他の臓器と異なり、鏡を見れば、自分で観察することが可能です。
正常な歯肉か?異常な歯肉か?自分の目で確認しながら歯を磨き、経過を観察する習慣を身につけることが出来れば、将来の歯周病の発症や進行を防止することが出来ます。
当院では、1人1人の歯の形態や歯列の状態に適したブラッシング指導やクリーニングを行っていますので、お気軽にお声掛け下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.