酸蝕症

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの歯科医師の高橋です。
今回は酸蝕症についてお話します。
虫歯菌が出す酸が歯を溶かし、穴をあけてしまう虫歯。
実はこれと同じように歯が溶ける現象が、食事の内容によって起こる恐れがあることをご存知でしょうか?
歯の表面の白く見える部分はエナメル質と呼ばれ、体の中で最も固いとされている組織です。
その超硬質なエナメル質の弱点が酸なのです!
歯の表面がPH5.5以下に長時間さらされると、次第に脱灰が起こり、歯が溶けて穴があいてしまうのです。例えば、歯を溶かすリスクが高い代表的な飲み物としては、炭酸飲料PH2.2、黒酢PH3.1、ワインPH3.4、スポーツ飲料PH3.5、ビールPH4.3などがあげられます。
しかし、これらを飲んだからといって、すぐに歯が溶けてしまうわけではないので、コーラやビール、ワインがお好きな方は、酸蝕症を上手く予防しながら、楽しみましょう☆

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.