知覚過敏の処置について

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、荻原デンタルクリニックの歯科医師の鹿島です。

前回は知覚過敏の歯磨き剤について書かせていただきましたが、他にはどのような処置があるのでしょうか?


歯科医院での知覚過敏処置は、主としてコーティング剤を塗布することが行われています。
露出して剥き出しになってしまった歯根表面(象牙質)を薬剤で覆い外部からの刺激をブロックすることで知覚過敏を抑えます。
また、歯の根もとのくさび状欠損が大きい場合は、レジンという樹脂をつめることで対処します。
さらに、噛み合わせを調整したり、歯ぎしりや食いしばりの強い力には就寝中にマウスピースを着用することも知覚過敏に対する対応になります。
知覚過敏はブラッシングのやり方に問題があるケースが多いので、何よりも優しい歯ブラシ圧でブラッシングすることが大切です。
乱暴な歯ブラシはすぐに歯ブラシがダメになってしまい、歯の表面や歯肉を傷めてしまいます。
歯肉に優しい歯ブラシ圧は100gであると言われています。その時シャカシャカと軽い音がします。
歯ブラシなどで分からないことがあったらお気軽にご相談して下さい!!

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.