口腔粘膜疾患について

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、荻原デンタルクリニックの歯科医師の鹿島です。
皆さんは誤って頬や舌を噛んでしまって、潰瘍ができてしまった事はありませんか?
これらは口腔粘膜疾患の一部といえます。
口腔粘膜疾患には、局所的なものから全身疾患の部分症状として生じるもの、アレルギーに起因するもの、また、良性のものだけでなく悪性腫瘍(癌)の場合もあり、その病態は多岐多様にわたり診断が難しいケースがあります。
例えば、比較的頻繁にみられるアフタ性口内炎は、食事がしみたり触ると痛みが出たりします。副腎皮質ホルモンの口腔用軟膏の貼薬により早期に治癒します。

下唇や舌の裏側にできる粘液嚢胞は、半球状のやわらかい腫脹としてみられます。これは、誤って噛んでしまったり、外傷や炎症によって主に小唾液腺の出口が損傷され分泌物が貯留することで生じるものです。粘液嚢胞は表面が薄く破れやすいので、一度治ったと思っても再発を繰り返すことが多く、その場合は切除摘出します。

エプーリスは、歯肉に限局して形成される繊維性組織の増殖で、妊娠によって歯肉が増殖するものを妊娠性エプーリスと呼びます。ほとんどが分娩後に消失します。妊娠中はホルモンバランスによって歯肉が腫脹しやすいので、より一層お口のケアが必要です。
定期検診の際には、歯や歯肉だけでなく舌や粘膜の状態もチェック・精査してもらうことが必要です!

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.