酸蝕症

皆さん、こんにちは!足立区北千住にある歯科医院、
荻原デンタルクリニックの受付・助手の柳田です。

 

皆さんは食事の内容によって、虫歯と同じように歯が溶けてしまう恐れがあることをご存じですか?

今回は酸蝕症について書きます。

 

歯の表面の白く見える部分は、「エナメル質」と呼ばれいる体の中で最も固いとされて組織です。

エナメル質は非常固いため、削ったり穴をあけたりするのは簡単ではありません!

そんな超硬質なエナメル質の弱点は「酸」です。

こんなに固い歯も酸によって脱灰して溶けてしまいます。

 

虫歯の場合、プラーク(歯垢)に集まっている細菌が砂糖などを餌に酸を出します。

一般には、このように細菌が原因で歯に穴をあいてしまうことを虫歯と呼んでいますが、実は食べ物でも同じように口内が酸性の環境になると、歯の表面が溶けてしまったり、弱くなってしまうとこがあるのです。これを「酸蝕歯」といいます。

 

酸蝕症の原因は、柑橘系の果実や炭酸飲料、ワイン、お酢など酸っぱい味がする物が歯にダメージを与えやすい食べ物と考えられます。

ですが、酸性の食品を食べたからといってすぐに歯が溶けて問題になるほどではありません!

なので過剰な摂取でなければご心配ありません☆

 

予防としては砂糖などの間食・就寝前の酸性食品を避けるとこです。

 

酸蝕症を上手に予防しながら、酸を含む健康食品もうまく取り入れお食事を楽しんで下さい(*^_^*)♪

 


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.