歯科とメタボリックシンドロームの関係

皆さんこんにちは。北千住にある荻原デンタルクリニック院長の荻原です。

メタボリックシンドロームと口腔状態は密接な関係にあります。歯周病は、動脈硬化・狭心症・糖尿病などに深く関わっています。咀嚼も食欲との関係で重要です。食欲は視床下部の摂食中枢と満腹中枢により調節され、これには神経伝達物質が関与しています。その中でも咀嚼との関係はでは、ヒスタミンという物質が知られています。ヒスタミンは受容体を介して満腹中枢に食事停止の情報を伝達し、摂食行動を抑制する働きをします。このヒスタミンは、食事の際によく咀嚼しないと増加しない事が分かっています。すなわち、食事の際によく噛むと、脳内ヒスタミンが増加し、適度な量で食欲が満たされるので、肥満防止につながるのです。また、これとは逆に、HDLコレステロール値が60mg/dl未満の人や、ウェストやヒップ、BMIが高い人ほど歯周病のリスクが高いという報告もあり、肥満は歯周病になんからの形で影響を与えていると考えられます。
食欲の秋で美味しい季節ですが、食事の際は飲み込まないでしっかり噛む事、そしていつまでもご自分の歯でしっかり噛めるように。歯周病をコントロールして健康な体を維持していきましょう。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.