矯正治療と歯周病

皆さんこんにちは。ルミネ千住歯科クリニック院長の荻原です。本日は歯科矯正治療と歯周病の関係についてお話ししたいと思います。以前は歯周病の矯正治療は、症状を悪化させる恐れがあるとして危険視されていました。しかしながら、近年の研究と臨床例の蓄積により、矯正治療前に歯周組織の細菌性の炎症を抑制してから、歯を周囲の骨の適正な位置に移動する事が大切であるとわかってきました。このような原則を守る事で、通常の歯科治療と同様に矯正治療を進めることができ、歯周組織は治療前より改善する事も少なくありません。歯周病を有する成人が矯正治療を開始する場合には、その進行度により矯正治療の対応が異なります。一般的には、歯周病があると歯の移動の際に歯肉退縮が発生しやすいため、大きな歯の移動は避け、わずかな移動で最大の効果がでるように治療計画を立案します。最近は、矯正材料の進化により、弱い力で矯正治療をおこなえるようになってきた為、成人の矯正治療の適応範囲も広がってきました。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.