偏咀嚼の影響

皆さんこんにちは。ルミネ千住歯科クリニック、受付・助手の富澤です。

片側の歯ばかりでお食事をしていませんか?

一方に偏ってしまうことを、偏咀嚼(へんそしゃく)と言います。

片側だけで咀嚼をすると様々な影響が出てきます。

・噛み合わせが悪くなる

・使っている歯に負担がかかる

・虫歯や歯周病、知覚過敏への危険性がある

・使っていない方の筋肉が衰えるので、顔が歪む原因になる

・腰痛や頭痛の原因になる

このように歯だけでなく、カラダ全体へのリスクがあります。

片側で噛む事は片足立ちをしているのと同じ状態です。

虫歯があると、どうしてもそちらを避けて反対側でお食事をしてしまいがちですよね。

そのような方は早めに治療して虫歯をなくしていきましょう!

また、アゴを大きく動かすと、食べ物が口の中を左右に移動するので両方で咀嚼しやすくなります。

右で10回噛んだら左で10回噛むというように、均等に噛む意識をしてみてください(*^^*)


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.