気圧性歯痛について

皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック歯科医師の掛川です。
もうすぐ年末年始ですね。帰省や旅行で飛行機に乗られる方も多いかと思います。

そこで今回は「気圧性歯痛」や「航空性歯痛」についてお話します。
飛行機内の気圧は0.8気圧で地上より20%ほど減圧されています。空気が外側から押す力が弱くなるので、ポテトチップスの袋が上空に上がるにつれてパンパンになりますね。
これと同じ現象が歯にも起きるのです。
歯の中には神経が入っている空洞(歯髄腔)があります。これが膨張することで神経を圧迫し、むし歯や神経の治療中の歯などが強く痛みます。

その他、気圧の変化を体験するのはスカイダイビング、スキューバダイビングや登山などですが、お天気の変化でも痛みが出る場合もあります。

これらを体験される前には早めに受診される事をおすすめしますが、普段から定期的な検診で
・ 治療していないむし歯はないか
・ 詰め物が外れそうになっていないか
・ 腫れそうな親知らずはないか
などチェックをすること。
なにより、歯科医院での定期的な口腔清掃で予防をする事が大切です!
また、診療時には「○月頃、飛行機に乗る予定がある」など伝えて頂けると助かります。

良いお年をお迎えください。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.