歯の酸蝕

 皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック 歯科医師の窪田です。

本日は、歯の酸蝕(さんしょく)についてお話しさせていただこうと思います。

酸蝕とは、普段口にする食べ物や飲み物に含まれる酸によって、歯のエナメル質(1番外側の硬い層)が溶けてしまうことをいいます。

お酢、果物、炭酸飲料、コーヒーや紅茶など酸味を含むものは全てエナメル質がすり減ってしまう酸蝕の原因となり得ます。

健康のために毎日黒酢を飲み続ける習慣などがある方は要注意です。

また、食べ物や飲み物だけではなく逆流性胃腸炎などの胃液も酸蝕の原因となります。

エナメル質がすり減ると、象牙質が透けて見えるため歯が黄ばんで見えます。また、象牙質には無数の小さな穴が空いているため、露出することで冷たいものでしみてくること(知覚過敏)があります。

一度すり減って無くなってしまったエナメル質は戻りません。

酸蝕の対策としましては

・歯磨き粉は研磨剤の入っていないフッ素(歯質を強化する)配合のものを選ぶ

・歯磨きの際、歯ブラシを強い圧で当てないようにする

・炭酸飲料や柑橘系のジュースなどを飲む時はストローを使い、なるべく歯に触れないようにする

・間食の回数を減らす。(唾液には酸を中和してくれる作用があるので、食事によって酸性になったお口のphを戻す時間を作る)

など、すり減ってしまったエナメル質をなるべく保存していくことが大切になってきます。

酸蝕は自分では気付きにくいことが多いので、気になる方は一度歯科医院の受診をおすすめします。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.