一子産んで、一歯失う?

皆さんこんにちは。ルミネ千住歯科クリニック、受付・助手の富澤です。

「一子産んで、一歯失う」

この言葉を耳にしたことある方はいらっしゃいますか?

赤ちゃんがカルシウムを歯のカルシウムを奪ってしまうので歯が悪くなる!と思われる方が多いようです。

しかしこれは大きな間違いです。

ではどうして妊娠中に歯が悪くなってしまうのでしょう?

原因はいくつかあります。

1つ目は、女性ホルモンのバランスが崩れて唾液が酸性に偏ってしまうこと。

唾液がネバネバすることで、歯垢が溜まりやすくなります。

2つ目は、食事や間食の頻度が高くなること。

食事をすることで口腔内が酸性に傾くので、歯の表面が溶けて虫歯になりやすくなります。

そして3つ目は、つわりや体調の変化によりブラッシングが上手くできないこと。

どうしても難しい時はしっかり口をゆすぎましょう。

妊娠中はホルモンバランスの影響で、歯茎が腫れやすかったり出血することが多いです。

進行して歯周病になると、早産のリスクも高まります。

母子ともに健康でいられるよう、妊娠中もしっかりお口のケアをしていきましょう!


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.