妊娠中の歯科治療

 

 皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック 歯科医師の窪田です。

本日は、妊娠中の歯科治療についてお話しさせていただきます。

妊娠中は女性ホルモンが増え、そのホルモンを好む歯周病菌が増加することにより、普段より歯肉炎(歯茎が腫れたり出血しやすい状態)になりやすくなります。また、つわりの影響により歯磨きがしっかり出来なかったり、胃酸の逆流により口腔内が酸性に傾いてしまったりでむし歯のリスクも大変高いです。

そして重要なのが、妊婦さんはいつでも歯科治療が出来るわけではありません。

歯石の除去や小さなむし歯の治療であればほとんど問題無く行えますが、むし歯がかなり大きくなってしまって、麻酔を使って削らないといけない場合や神経を取る必要がある時、または親知らずの抜歯などに関しては安定期にしか治療できません。妊娠初期は過度の緊張を避けるために長時間の治療は避け応急処置にとどめ、後期は姿勢的に母体にかなりの負担がかかるため、体調をお聞きしながら処置をすすめます。

安定期のうちに治療が必要な歯はしっかり治療して、安心して出産に臨んでいただけたらと思います。残暑が続きますが、体調に気をつけてお過ごしください。


お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、18時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録

© 北千住の歯科ならルミネ千住歯科クリニック. All Right Reserved.