舌のお手入れ

みなさんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック 受付・助手の野澤です。

口腔ケアとして、歯ブラシや歯間ブラシ、フロスマウスウォッシュなどを使用している方は沢山いらっしゃると思いますが、舌のケアはされていますか?

免疫力の維持、様々な疾患予防に舌磨きをおすすめします。口腔内には、数百種類の細菌が生息し、五千億個以上の細菌が存在するといわれ、舌の食べカスをエサとする虫歯菌・歯槽膿漏菌・カンジタ菌・肺炎菌・緑膿菌などが生息しています。

これらの細菌が引き起こすトラブルに、呼吸器疾患・心臓疾患・脳疾患・感染症・アレルギー疾患などがあるといわれており細菌のかたまりである舌苔を少しでも多く除去することで、免疫力を維持し、様々な疾患予防につながるといわれています。

また、舌を磨く際は歯ブラシでは傷つけてしまいますので、必ず専用の舌ブラシを使用して優しく磨くようにして下さい!

当院でも販売しておりますので、気になる方はお声掛け下さい^^

6月4日〜「歯と口の健康週間」です!

皆様こんにちは、ルミネ千住歯科クリニック歯科医師の掛川です。

64日は「6()4()」にちなんで「虫歯予防デー」なのをご存知ですか?

また、64()610()は「歯と口の健康週間」です。

そして、今年の標語は『いただきます 人生100年 歯と共に』です。

お口の中には色々な細菌がいます。

飲食後に歯を磨かずにいると、その糖を餌にして細菌は増え、酸を作り、歯が溶かされてしまいます。これが虫歯です。

また、細菌によって歯茎に炎症(出血や腫れ)が起こり、歯を支えている顎の骨が溶けてしまいます。これが歯周病です。

お口の細菌が肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎を引き起こします。

歯茎から出血していると、逆に細菌は全身を流れ、糖尿病を悪化させたり、心臓病を引き起こす可能性もあります。

これらを防ぐには、お口の中の細菌を減らす為、毎日の歯磨きやフロスなどの口腔ケアが大切です。

また、細菌が固く付着した歯石は歯ブラシでは除去出来ません。歯科医院で専用の器具を使い定期的に除去する必要があります。

この機会にぜひ、歯科を受診されてみてはいかがでしょうか?

そして、お子様や身近な方にこの知識を伝えて頂けたら幸いです!

唾液の働き

皆さんこんにちは!

ルミネ千住歯科クリニック、歯科衛生士の松田です。5月も下旬になり、そろそろ梅雨の季節になりますね。

さて今回は、普段あまり意識することがないと思いますが、唾液の働きについてお話しさせていただきます。唾液には健康に関わる様々な働きがあります!

唾液は主に、耳下腺、顎下腺、舌下腺という3つの大きな唾液腺から、1日に10001500mlほど分泌されます。

唾液には、食べ物を食べやすくするだけでなく、細菌の繁殖を抑えたり、口の中の汚れを洗い流し、むし歯や口臭を防ぐ働きもあります。

唾液の分泌を促すためには、食べ物をしっかりと噛んで食べる、舌を意識的に動かす、唾液腺のある場所を軽くマッサージする、などが有効です。

また、睡眠中は、唾液の分泌が少なくなります。朝起きた時に、口の中のネバつきや、口臭が気になる方もいらっしゃると思います。

唾液の分泌が減ることによって、寝ている間に口の中で細菌が繁殖しやすくなります。

そのため、就寝前の歯磨きは忘れずに、よりていねいなケアを心がけることが大切です!

日頃から、唾液をたくさん出すことを意識して、全身の健康を保ちましょう!

インビザライン矯正専用インスタグラム開設しました!

みなさんこんにちは、ルミネ千住歯科クリニック受付助手の長谷川です!

最近当院もSNSに力を入れておりまして、
この度、インビザライン矯正専門のInstagramのアカウントを開設しました✨
インビザラインとはどうゆうものか、
どのくらい歯並びが綺麗になるのか、
当院スタッフのインビザ矯正記録(現在進行中)
などをお届けしております!
まだまだ投稿は少ないですが、みなさんのインビザライン矯正への疑問や不安など少しでも解消できればと思って日々投稿していきます!
アカウントを見つけたらぜひフォロー、いいねをお願いします!
アカウント名 invisalign_lumisen

歯ブラシの紹介

 

みなさんこんにちは、ルミネ千住歯科クリニック歯科衛生士の森です。

GWは楽しい時間を過ごせましたか?後半はお天気も良かったですねー!

今日は当院にある歯ブラシのご紹介です

「タフトS・SS 」
コンパクトヘッド、細めのネック、毛質が長持ち
Sがソフト、SSがスーパーソフトです
SSの方が毛が柔らかいので、歯肉が腫れている方におすすめです

「タフト17・20」
小児用の歯ブラシ
17が乳歯列期用で1〜7歳、初めて使う歯ブラシに最適、乳歯に合うコンパクトヘッドと小さな手に合わせたグリップです
20が混合歯列期用で6〜12歳、仕上げ磨きにもご使用ください

「プラウト」
三角ヘッドで最後臼歯遠心、叢生、矯正装置、インプラント、親知らずにおすすめです
普通の歯ブラシの後に部分的に補助的にお使いください

検診後に買って帰られる方も多い人気商品です!
タフトのSかSSでお悩みでしたら、歯肉の状態を確認しますのでお声がけください。

 

歯ぎしり防止に!

皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック受付・助手の大竹です。
あっという間に4月も終わりに近づき、もうすぐGWですね!皆さん、このGWはどこかにお出かけされますか?楽しく過ごすためにも体調には気をつけてお過ごしくださいね!
さてさて、皆さん夜寝ている間につけるマウスピースをご存知でしょうか?主に歯ぎしりや食いしばりを抑制させるために使用します。
効果としては、
・歯のすり減りの軽減
・顎の痛みの軽減
・顎関節症の予防
・筋肉の緊張をやわらげる
等があります。
そもそも食いしばりはないという方に!こんな事はありませんか?
・起床時に顎や口元に疲れを感じる
・歯にヒビがある、欠けた事がある
・歯ぐきが下がって知覚過敏のように感じる
・歯がすり減っているように感じる
などです。食いしばりは無意識のうちに起こる症状です。もしかしたら食いしばり等が原因の症状もあるかもしれません。
マウスピース自体は硬い素材で最初は違和感があるかもしれませんが、2.3日で慣れてしまう方がほとんどです。実は私も使っています(^ ^)
もし気になるようでしたらぜひお気軽にご相談ください!

口呼吸について

皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック 歯科医師の矢嶋です。

最近暖かくなってきましたね!春の訪れはワクワクしてとても嬉しいのですが、この時期は花粉に悩まされますね私も花粉症なのでこの時期はとてもつらいです。

花粉症で鼻がつまっていると呼吸がしにくく、どうしても口呼吸になりがちですよね。

でも口呼吸って実はあまり良くないものなんです!

今回はそんな口呼吸についてお話させていただきます。

空気中には細菌やウイルスなど有害なものが沢山含まれています。鼻にはこのような有害なものをろ過できるフィルターのようなものがあるのですが、口にはこのようなものが無いため口呼吸をしてしまうと有害なものが直接肺に送り込まれてしまいます。

そのため、口呼吸をしていると鼻呼吸に比べて病気にかかりやすくなります。

他にも、口呼吸をしているとお口の中が乾燥してしまうため唾液の分泌が悪くなり歯や歯茎に悪影響を与えてしまうんです!

唾液が減ると虫歯や歯周病になりやすくなったり、口臭の原因にもなってしまいます

また、口呼吸のためにお口をずっと開けたままだと口周りの筋力が低下し歯並びが悪くなったり、更には顔のたるみなどの原因になることもあります!

口で呼吸しているだけでこんなにも悪影響があるなんて驚きですよね。

鼻づまりがひどい時などは難しいと思いますが、なるべく口呼吸をしないように意識しましょう!

☆お知らせ☆

皆さんこんにちは!ルミネ千住歯科クリニック・TCの片野です。

日中は気持ち良く過ごせる日が多くなってきて、春を感じますね♪

さて今回はお知らせがあります!

この度当院のインスタグラムを開設しました(^^)

医院情報やキャンペーンのご案内など、皆さんに有益な情報をお届けしていきたいと思います。

たくさんの方に見てもらえるよう、これから頑張って更新していきます!

是非フォローをお願いします!!

早速ではありますが、当院に置いてあるブラックボードを投稿しました。

無意識にしていることが多い、歯ぎしり・食いしばりについての内容になっています。

参考になると嬉しいです♪

防災グッズに歯ブラシと液体ハミガキを!

 皆様こんにちは、ルミネ千住歯科クリニック、歯科医師の掛川です。

 日本は噴火や地震、豪雨など自然災害が多く、近いうちに起こると言われていますよね。

皆様は防災グッズを備えていますか?

 災害時はお口の衛生状態の悪化や栄養不足、ストレスなどによる免疫力低下から肺炎・風邪・インフルエンザ・新型コロナなどにかかりやすくなります。

 災害時の口腔ケアの重要性が言われるきっかけとなったのは、1995年の阪神淡路大震災。災害関連死922名のうち200名以上が肺炎で亡くなり、その多くはお口の中の菌が気道に入ってしまう誤嚥性(ごえんせい)肺炎と考えられています。

ぜひ防災グッズの中に家族分の歯ブラシを準備しましょう!

 また、お水が不足している場合に歯磨き後にお口をすすぐ必要のないデンタルリンスなどの液体ハミガキがおすすめです。

 入れ歯をきれいに保つことも大切です。食後は外して汚れを取り、就寝時など歯茎を休ませられるように入れ歯ケースもあると便利です。

 唾液(だえき)には細菌を洗い流す作用などがあります。ガムを噛む事も唾液を出す良い方法です。気分転換にもなりますので、おすすめです。

 お口のトラブルで困らないために、日頃から歯科医院での定期検診でお口の環境を整えておく事が大切です。

ぜひ防災グッズを見直してみてください。

ムシ歯にならないおやつ選び

こんにちは!ルミネ千住歯科クリニック 受付・助手の野澤です。

みなさんムシ歯になりにくい甘味料があるのはご存知ですか?

砂糖はムシ歯になりやすい甘味料ですが、脳が働くための栄養素になったりするので必要な栄養でもあります。すべてをムシ歯になりにくい甘味料に代えるわけにはいきませんが、口の中に長く入っているアメなどを選ぶ時にはなるべく砂糖が入っていないものを選ぶようにしましょう!

選ぶポイントとして食品の裏の表示を見てみましょう!

内容表示には食品に含まれる量が多い順に表示されています。

〈ムシ歯にならない甘味料〉

・還元水飴・マルチトール・ソルビトール・キシリトール・パラチノース・エリスリトール

〈ムシ歯になる甘味料〉

・砂糖・水飴・果糖・麦芽糖・ブドウ糖

おやつ選びの目安として‥

「ゼロ」「ノンシュガー」「シュガーレス」は糖類0.5%以下でムシ歯になりにくいです。

「低」「ひかえめ」「低減」「カット」は糖類5%以下のものなので注意しましょう!

おやつを選ぶ時には砂糖の量も気をつけてみてください!

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.072-690-7886
診療時間
10:00〜13:30

/

/

15:00〜19:30

/

/

休診日
▲ 土曜日は18:30まで
新規患者様受付は17:20まで
休診日:日曜日・祝祭日
新規の方の初診受付は、17時20分を最終受付時間とさせて頂きます
お問い合わせ

問診表記入の為、ご予約時間の10分前に来院頂くようお願い致します。
・当日は必ず、保険証をお持ち下さい。お忘れの場合は、10割負担になります。
・キャンセル、変更、遅刻等は事前にお電話でご連絡下さい。

LINE登録